終夏 鈴木育郎
a1044 a1044 a1044 a1044

終夏 鈴木育郎

Shuuka (End of Summer) | Ikuro Suzuki

鈴木育郎の私家版。2010年の夏の終わり、舞踏家吉本大輔のポーランドツアーへの同行を目前に控え、浜松から東京へ出る鈴木育郎。東京の友人宅、千葉房総を経て成田へと向かう数日間のなかで切り取られた110枚のカットは、長旅を目前に、何かを惜しむようなセンチメンタルな視線と、夏の終わりの寂寥感とが入り混じる。2011年に鈴木育郎が限定1部で制作した同タイトルの写真集を再構成および装幀デザインの修正を施したうえ、改めて限定3部で制作したものとなる。鈴木育郎による手書きタイトル及び直筆サイン。ハンドメイド製本ソフトカバー。表紙に微小な擦れ。


月丘舎, 2014

限定3部 | 20x29cm | 写真図版数110点 | カラー

     
  •   Share on Tumblr