In a Window of Prestes Maia 911 Building | Julio Bittencourt
a1091 a1091 a1091

In a Window of Prestes Maia 911 Building | Julio Bittencourt

ジュリオ・ビッテンクール

ブラジル・サンパウロ出身の写真家Julio Bittencourtの写真集。タイトルの「Prestes Maia 911」とはサンパウロ中心部にある22階建てのビル。地主からも忘れさられ、何十年も廃墟ビルとされていたようなビルだったが、地元ボランティアらのサポートによって1630人(468家族315人の子供)もの元ホームレスの人々が住むようになったという。かつては麻薬や売春の巣窟となっていたというから、その辺は九龍城に似ている。Julio Bittencourtは、このビルを向いのホテルから、ひとつひとつの窓から見える、おのおのの住民の生活に焦点を当てた。第三世界の都市問題を切り取った写真としても興味深いが、住民が施した様々な窓やカーテンの加工も造形的に(不謹慎ながら)楽しめる。
ハードカバー。状態良好。


dewi lewis, 2008

初版 | 英語 | 28x28cm | 79pp. | カラー