構成的ポスターの研究: バウハウスからスイス派の巨匠へ | 多摩美術大学ポスター共同研究会編
a0226

構成的ポスターの研究: バウハウスからスイス派の巨匠へ | 多摩美術大学ポスター共同研究会編

Constructive Posters: Bauhaus to Swiss Style

欧米そしてロシアの20世紀ポスターや関連文献を題材にそれらの造形思考を研究した1冊。特にバウハウスに代表される1920年前後のデザイン、そして1930年代から1960年代にかけてのスイス派のポスターデザインを紹介。紙で有名な株式会社竹尾が1997年に購入したラインホールド=ブラウン・ギャラリー・ポスターコレクションを、多摩美術大学に寄贈したことを契機として研究が発足し、陽の目を見た研究書となる。草深幸司によるカバーデザイン。多摩美術大学ポスター共同研究会による編集。状態良好。


初版第3刷 | 30x22cm | 288pp.

           
  •   Share on Tumblr