17歳 橋口譲二
a1098

17歳 橋口譲二

Seventeen | George Hashiguchi

¥ 3,240(税込)

橋口譲二の代表作にして以降3冊にわたり続くポートレート社会論の最初の作品「十七歳の地図」(1988年文藝春秋)の新装版。1987年から1992年の時期に撮影した17歳の少年少女のポートレート102点で構成。右に定型の質問、左にポートレート写真で見せるフォーマットは以降の3冊を通じて共有される。

「1987年は日本社会がバブル経済に浮かれていた時代であり、人間をとり巻く社会環境が大きく変容しようとしていた時期であり、社会全体が一つの方向に向かい始めた時、社会の中で個人の存在が見えにくくなってきたことを肌で感じ、僕は意識的に個人と向かい合いたくなった。」(橋口譲二序文より)

余談だが、もし、改めて現代の17歳を撮影した「新・十七歳の地図」があったら、風貌や服装の変容、質問に対する答え方の傾向、背景の景色の変容など、全てをひっくるめた時代の変容が楽しめる面白い本になるかもしれないなんて思っていたら既に刊行されているんですね…「17歳 2001-2006」。ちなみに「十七歳の地図」で17歳だった少年少女たちの、12年後の軌跡を綴るアイデアも、やはり既に「17歳の軌跡」という形で具現化されている。ハードカバー。帯付き。状態良好。


産業編集センター, 2007

初版1刷 | 和英併記 | 26x27cm | 写真図版数102点 | モノクロ

   
  •   Share on Tumblr