LES OIES SAUVAGES RIAIENT ET DIEU S'ENDORMIT TOT | Jean-Luc Mylayne
a1119 a1119 a1119

LES OIES SAUVAGES RIAIENT ET DIEU S'ENDORMIT TOT | Jean-Luc Mylayne

ジャン=リュック・ミレーヌ

フランスの写真家Jean-Luc Mylayneの写真集。1976年からフランスで放浪生活を送りながら鳥の写真を撮り続けるユニークな写真家として知られ、にもかかわらず、長い観察や、手懐けることに非常に時間を費やすため、これまで28年間で150点しか撮っていないという非常に寡少主義な作家。しかもプリントは原則1枚しか制作しないことを旨としているという。小動物に対する優しい視線は、Terri Weifenbachの写真を思いおこさす。Laurent Buisineによるエッセイ。ソフトカバー。状態良好。


MAC's, 2004

仏英併記 | 24x17cm | カラー

   
  •   Share on Tumblr