Araki: Love and Death | 荒木経惟
a1143 a1143 a1143 a1143

Araki: Love and Death | 荒木経惟

荒木経惟

太陽賞作品の「さっちん」や「地下鉄」からはじまり、年代順に荒木経惟の作品世界を紹介するレトロスペクティブ。スイス・ルガーノの美術館Museo d’Arte Citta di Luganoで開催された荒木経惟展に際し刊行。「さっちん」から、妻陽子が亡くなった1990年までの内容の比重が全体の約3分の1であることに、ひとりの荒木経惟ファンとしてまず驚く。90年代から00年代までの10数年間の蓄積も確かに膨大なのだろう。それともそれ以前が軽視されているのかはわからない。キュレーションは波岡冬見。巻末に、BRUNO CORAによる論考「Nobuyoshi Araki: Reality Discovered through Photography」や、荒木経惟と波岡冬見による対談など掲載。ソフトカバー。表紙ややヨレ。それ以外は良好。


Silvana Editoriale, 2011

伊英併記 | 28x25cm | 写真図版745点 | 397pp. | モノクロ

  •   Share on Tumblr