L.A.,1971 | Anthony Hernandez
a1169 a1169 a1169

L.A.,1971 | Anthony Hernandez

L.A. 1971 | アンソニー・ヘルナンデス

アメリカの写真家Anthony Hernandezが、故郷ロサンゼルスの、とある貸金庫から出てくる人々を定点撮影したもの。本書掲載の12点全ては、1971年の同じ日に撮影、出入りする人々の順番もそのまま再現しているという。お金を出し入れする12人の表情は、意外なほどに大きな差異はなく、皆努めて冷静を装って金庫から出てきている。素早く撮影を行うためにプレフォーカスを使用し、対象がフォーカスポイントに入ったところでシャッターを切る方法を用いたという。貸金庫の扉を想像させるアルミ製プレートをカバーに用いているのがアイデア賞もの。Anthony Hernandezは、ベトナム戦争に衛生兵として従事して、帰国後Lee Frieldanderのワークショップを受けたことがきっかけとなり写真家へと転身した経歴。初期の代表作としては「The Crowded Vacancy」(Memorial Union Art Gallery, 1971)などが知られる。
ハードカバー。新刊。


SILAS FINCH, 2014

限定1200部 | 英語 | 21x31cm | 32pp. | モノクロ

  
  •   Share on Tumblr