John Heartfield and The Agitated Image: Photography, Persuation, and the Rise of Avant-Garde Photomontage | ANDRES MARIO ZERVIGON
a1213

John Heartfield and The Agitated Image: Photography, Persuation, and the Rise of Avant-Garde Photomontage | ANDRES MARIO ZERVIGON

ジョン・ハートフィールド

¥ 6,000 + 税

20世紀初頭ナチスが政権を握るまでの期間、左派系アーティストとして、フォトモンタージュを用いた数々の攻撃的且つ扇動的な作品を残したジョン・ハートフィールドの仕事を包括的にまとめた作品集。英語風の名前を持つが、ジョン・ハートフィールドは生粋のドイツ人。本名はヘルムート・ヘルツフェルト(Helmut Herzfeld)だという。当時ドイツを支配していたアンチ・イギリスの風潮に逆らい、あえてこのように名乗ったという。どちらかというと専門的な論考が多くを占め、2次資料的色合いが濃い本。図版の紹介量は少なめ。ハードカバー。状態良好。

Contents:
The Photograph and the Punch: 1891-1914
Postcards to the Front and the Road toward Photomontage: 1915-1916
Heartfield the Performance: 1914-1917
”A Political Struwwelpeter?” John Heartfield’s Early Film Animation and the Wartime Crisis of Photographic Representation: 1917-1918
A Spectacular Reflection: Heartfield’s Return to Photomontage and Berlin’s Postwar Dada Movement: 1918-1920
From the Shop Window to the Book Cover: 1920-1929
Epilogue: The Artist of German Communism: 1926-1933


The University of Chicago Press, 2012

英語 | 29x22cm | 309pp.

 
  •   Share on Tumblr