歸去來兮(かへりなんいざ)[久万]再発見 旅人のレンズ | 萱原里砂 笹岡啓子 高橋あい
a1279 a1279

歸去來兮(かへりなんいざ)[久万]再発見 旅人のレンズ | 萱原里砂 笹岡啓子 高橋あい

Let us go back home! Our fields will get desolate, Why not go back home? | Risa Kayahara, Keiko Sasaoka, Ai Takahashi

¥ 2,160(税込)

愛媛県久万高原町にある町立久万美術館で2009年に開催された「歸去來兮(かへりなんいざ)」展に際し刊行の展覧会図録。「歸去來兮」は中国の陶淵明の詩の一節に因む。町立久万美術館が、それぞれ久万とは全く関わりのない萱原里砂(かやはら・りさ)、笹岡啓子、高橋あいの3人の女性写真家に撮影を依頼。萱原里砂は、久万の豊かな山と水を。笹岡啓子は江戸時代後期の絵師、遠藤広美による「久万山真景絵巻」で、実際に描かれた場所を特定し、写真を撮影。高橋あいは民俗学的アプローチで、久万の四季折々の村の風景と人々を捉えている。ソフトカバー。状態良好。

目次
なぜわたしは<撮る>か 萱原里砂・笹岡啓子・高橋あい 写真家の肖像 – 林浩平
ローカル・カラーの遠近 「歸去來兮」展に寄せて – 倉石信乃
「他」なるものを求めて 萱原里砂・笹岡啓子・高橋あい – 楠本亜紀
歸去來兮 2008 2009 久万高原町 – 神内有理
見ること、そして写真を写すということ – 萱原里砂
山の町 – 笹岡啓子
ヤマ ムラ ノラ にたたずんで – 高橋あい
作家略歴
作品リスト
あとがき – 高木貞重
作品図版(萱原里砂・笹岡啓子・高橋あい)


町立久万美術館, 2009

日本語 | 30x21cm

     
  •   Share on Tumblr