haptic green: Naruki Oshima | 大島成己
a1313 a1313

haptic green: Naruki Oshima | 大島成己

緑の触覚 | 大島成己

異なる深度の焦点距離で撮影された数百枚に及ぶカットをデジタル的につなぎ合わせ、カメラはもとより、人間の視覚では本来捉えることのできない複雑な画像を作り上げた作品。つまり、ファインダーから同一距離であっても、一方の木の葉は焦点が合致し、他方の木の葉は合致していない、というような歪んだ事態が画像のそこかしこで起きている。清水穣による論考。ドイツのKehrer社から刊行。ハードカバー。状態良好。大島成己による直筆サイン入り。

大島成己(おおしま・なるき)
2010 京都市立芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了 博士(美術)取得
2001-03 ドイツ・デュッセルドルフ芸術アカデミー トーマス・ルフ(Thomas Ruff)教室にて研究
2001-02 文化庁芸術家在外派遣研修員として、ドイツ・ベッヒャー派を中心とするヨーロッパ現代写真を研究
2000 ドイツ・デュッセルドルフ市文化局・招待芸術家として制作滞在


Kehrer, 2014

英語 | 29x23cm | 64pp. | カラー

     
  •   Share on Tumblr