JGS Witness Number Six: Raoul Hague His Work and Place a Memoir | Lee Friedlander
a1354

JGS Witness Number Six: Raoul Hague His Work and Place a Memoir | Lee Friedlander

リー・フリードランダー

¥ 5,000 + 税

出版がニューヨークの非営利団体JGS(The Joy of Giving Something)で、販売がアメリカのNazraeli社の形態をとるJGS: Witnessシリーズの2冊目。毎号異なるアーティストが「ゲストエディター」として迎え入れられ、自らの作品はもとより、若手写真家の作品などをセレクトするシリーズ。6冊目となる本書のアーティストはLee Friedlander。Lee Friedlanderが、アメリカの彫刻家Raoul Hagueを、アトリエを兼ねたウッドストックの自宅でポートレート撮影。両者は家族ぐるみで親交を結ぶ間柄で、その撮影期間は1960年代から25年余りにわたるという。妻のMaria Friedlanderによるあとがき。ハードカバー。シュリンク未開封の新品同様。


The Joy of Giving Something, 2009

英語 | 31x24cm | 写真図版数157点 | 96pp. | モノクロ

 
  •   Share on Tumblr