感性のバケモノになりたい 十文字美信
a1380 a1380 a1380 a1380

感性のバケモノになりたい 十文字美信

Beyond the Senses: Bishin Jumonji Photographs

¥ 7,500 + 税

高校時代から付き合いのあった友人のアートディレクター”藤崎”の一連のポートレート作品から始まる十文字美信(じゅうもんじ・びしん)のレトロスペクティブ。自身の還暦60歳を期に刊行。ニューヨーク近代美術館に招待出品された処女作『Untitled』中の「首なし」をはじめ、四谷シモン、土方巽と大野一雄のポートレート、伊奈信男賞を受賞した「蘭の舟」、「暴力写真家」と冠されたグラビア・ヌードなどから、これまで未発表作品や実験作の数々を、272点所収する。
十文字美信は、篠山紀信のアシスタントを経て、商業写真家として独立。以降平行して発表してきた作品は、こうして見ると左記の実験的作品から仏像や寺社仏閣など振り幅も大きいが変奏曲気味なトーンは一貫している。現在多摩美術大学の教授として後進の指導にあたる。また北鎌倉に自身のギャラリーを運営。
ソフトカバー。帯付き。巻末に小さな値札剥がし跡あり。それ以外は総じて良好。


求龍堂, 2007

初版 | 24x18cm | 写真図版272点 | 519pp.

  
  •   Share on Tumblr