クラックアップ | ハーモニー・コリン
b0418

クラックアップ | ハーモニー・コリン

A crackup at the race riots | Harmony Korine

弱冠19歳にしてラリー・クラーク監督「KIDS」の脚本を書き、22歳で「ガンモ」を初監督したハーモニー・コリン。彼の小説デビューとなるのが本書。直筆や写真、イラストなどを使い、また視覚詩のように文字を踊らせ、独自のリズムをたたいていく。日本では1998年タカ・イシイギャラリーに於いてマコーレー・カルキンを被写体にした写真展「The Bad Son」展を開催している。状態良好。


ロッキング・オン, 1998

23x14cm | 210pp.

 
  •   Share on Tumblr