土門拳: 日本の写真家16
a1847

土門拳: 日本の写真家16

Ken Domon: Japanese Photographer #16

名取洋之助主宰の日本工房を経て、戦時中は対外文化宣伝用の写真を多く手がけ、戦後は、リアリズム写真を提唱し、「ヒロシマ」「筑豊の子どもたち」などを手掛けるなど、戦前戦後にかけて活躍した土門拳のアンソロジー。飯沢耕太郎による解説。写真術の渡来期から90年代までの日本の写真家たちの営みをたどる全40巻の日本の写真家シリーズ(長野重一、飯沢耕太郎、木下直之らによる編集)からの1冊。ハードカバー。帯付き。右下隅角に軽微な角打ち。それ以外は良好。


岩波書店, 1998

初版第1刷 | 23x23cm | 写真図版数54点 | 71pp. | モノクロ

      
  •   Share on Tumblr