最果 | 鈴木育郎 Ikuro Suzuki
a1937 a1937 a1937 a1937

最果 | 鈴木育郎 Ikuro Suzuki

Taste of Dragon | Ikuro Suzuki

2014年夏、話題を呼んだ東京都写真美術館における鈴木育郎「最果」展展示作品の完全版。個展が決まった鈴木育郎が冬から夏にかけて関西、浜松、長野、鹿児島、東京と旅するなかで撮影し、世に出した自身の集大成的作品。全編キャノンのデジタルで撮影。ソフトカバー。「序寸」と同様、鈴木育郎が通常手掛ける写真集の厚みの3冊分を、紐で綴じた体裁なのだが、3冊結合部分の糊は既に剥がれている。鈴木育郎による手書きタイトル及び直筆サイン。

鈴木育郎(すずき・いくろう 1985-)
「鳶・CONSTREQUIEM」で若手写真家の登竜門として知られる写真新世紀2013グランプリを受賞。2015年には赤々舎から「解業」を発売。


月丘舎, 2014

限定2部 | 19x29cm | カラー

       
  •   Share on Tumblr