荒木経惟写真集 ノスタルジアの夜
a1984 a1984

荒木経惟写真集 ノスタルジアの夜

A Night of Nostalgia | Nobuyoshi Araki

「こんな風に、ムキ出しの自分を出されちゃうのって、どんな気持?」
「何かねえ、撮られた自分の写真見て、私もよくやるなあ、ってあきれ返っちゃったりしてね。」(本書より)
荒木夫妻の行為の場面で終始するモノクロ全38点の写真集。荒木経惟が結婚記念日のプレゼントとして制作したものだという。掲載される荒木陽子による短編随筆「小説」は、六本木シネ・ヴィヴァンで上映のアンドレイ・タルコフスキー監督作品「ノスタルジア」を二度見た回想と、夜の営みの淫らな語りとが入り交じる内容。タイトルに「ノスタルジアの夜」とつけた意はここにあるかと。ブックデザインは末井昭。ソフトカバー。ページによれ。それ以外は良好。


白夜書房, 1984

限定1000部 | 36x26cm | 写真図版数38点 | [38pp.] | モノクロ

    
  •   Share on Tumblr