風土 vol.1 | 下平竜矢
b0486 b0486 b0486

風土 vol.1 | 下平竜矢

Landscape #1 | Tatsuya Shiomo

三重県伊勢に活動拠点を移した写真家・下平竜矢(しもひら・たつや, 1980-)が、伊勢神宮の鬼門にあたり、古来より霊峰とされる朝熊山を巡りつつ、注意深く何がしかの痕跡を写し留めたかのような写真。巻末に詩人・永澤康太の詩「何者」。「風土」シリーズとして以後継続。今回のテーマは「山/SAN」。新刊。


下平竜矢, 2013

限定500部 | 27x19cm | 写真図版23点 | 32pp. | モノクロ

  •   Share on Tumblr