植田正治 日本の写真家20
a2031

植田正治 日本の写真家20

Shoji Ueda: Japanese Photographer #20

山陰、鳥取を拠点に、東京、関西の写壇と距離を置きつつも、独自の作品世界と共に、写真界で確かな地位を確立した植田正治(うえだ・しょうじ)のアンソロジー。菊池武夫(タケオ・キクチ)の依頼により制作された「砂丘モード」も掲載。飯沢耕太郎による解説「砂丘のオブジェ 植田正治の作品世界」。飯沢耕太郎による植田正治インタビュー。写真術の渡来期から90年代までの日本の写真家たちの営みをたどる全40巻の日本の写真家シリーズ(長野重一、飯沢耕太郎、木下直之らによる編集)からの1冊。ハードカバー。帯付き。状態良好。


岩波書店, 1998

初版第1刷 | 23x23cm | 写真図版数54点 | 71pp. | モノクロ

  
  •   Share on Tumblr