Peter Doig
a2119

Peter Doig

ピーター・ドイグ

2008年テイト・ブリテンで開催のPeter Doig回顧展に際し刊行。Richard Shiffによる論考。Judith Nesbittによる序文。アーティストのChris Ofiliとの対談を収録。ソフトカバー。状態良好。


Tate, 2008

英語 | 27x22cm | 160pp.

 
  •   Share on Tumblr