The Suicidist | Sam Samore
a2125 a2125

The Suicidist | Sam Samore

自殺者 | サム・サモア

訳すと「自殺者」というこのSam Samoreの作品は、90年代に伊島薫がzyappu誌上で手がけた「死体のある20の風景」を想わせるが、この主題、古くはHipolyte Bayardの「Self portrait as a drowned man, 1840」など写真黎明期までモチーフ的に遡上できる。内容は、いずれもSam Samore自身がモデルに扮し、1973年制作の前期作と、2003年以降の後期作からなり、前期はご覧のとおり思わず笑いを誘うようなコミカルな設定、転じて後期はよりシリアスで審美的な設定となる。
ソフトカバー。表紙カバーのエッジややヨレ。それ以外は良好。


Imschoot Uitgevers, 2006

英語 | 24x24cm | 写真図版数47点 | 112pp. | モノクロ

  
  •   Share on Tumblr