パワーズ オブ テン 宇宙・人間・素粒子をめぐる大きさの旅 | フィリップおよびフィリス・モリソン、チャールズおよびレイ・イームズ事務所 共編著
a2291

パワーズ オブ テン 宇宙・人間・素粒子をめぐる大きさの旅 | フィリップおよびフィリス・モリソン、チャールズおよびレイ・イームズ事務所 共編著

Powers of Ten: About the Relative Size of Things in the Universe | Phlip and Phylis Morrison, The Office of Charles and Ray Eames

¥ 3,500 + 税

Charles and Ray Eames脚本による1968年の短編映画「Powers of Ten」(数学用語で「10のべき乗」)を、わかり易く本にまとめたもの。公園に寝そべる男性を真上から捉えた映像を基点として、宇宙のマクロ方面、微少世界のミクロ方面へと、それぞれ映像がスライドしていく。映像には付加できなかった詳細な解説を加えている。ハードカバー。状態良好。


日経サイエンス社, 2011

17刷 | 日本語 | 26x22cm | 169pp.

 
  •   Share on Tumblr