J. B. Blunk
a2409

J. B. Blunk

J・B・ブランク

北カリフォルニアを拠点とした作家J.B.Blunk(1926-2002)のBlum & Poe LAでの初個展にあわせて刊行された展覧会カタログ。ブランクは、戦後日本での滞在中にイサム・ノグチ、北大路魯山人、金重陶陽といった作家たちとの交流を経て陶芸を学び、米国に帰国後、彫刻家としての活動を始めた。生前は密かにその名を知られる存在であったが、その革新性は現代彫刻や現代木工に多大な影響を与えている。元ヴィクトリア&アルバート美術館の主席研究員であり、ブランク研究の第一人者グレン・アダムソン氏、並びにロサンゼルスを拠点とする作家であるチャールズ・レイ氏による対談を収録。【以上版元より引用】
ホチキス綴じソフトカバー。新刊。


Blum & Poe, 2010

英語 | 36x27cm | 14pp.

   
  •   Share on Tumblr