The Sweet Flypaper of Life | Roy DeCarava and Langston Hughes
a2701 a2701 a2701

The Sweet Flypaper of Life | Roy DeCarava and Langston Hughes

ザ・スイート・フライペーパー・オブ・ライフ | ロイ・デカラヴァ ラングストン・ヒューズ

50年代ニューヨークのハーレムの市井の人々を記録したアフリカ系アメリカ人写真家Roy DeCaravaと、ハーレムの桂冠詩人と言われたLangston Hughesによる共著。Sister Mary Bradleyという架空の女性の語り部と共に展開する写真集となっている。
この時代のアフリカ系アメリカ人写真家全てに共通することだが、Roy DeCaravaの同胞を見つめる視線には慈しみにも似た優しさがこもる。60年代に盛り上がりを見せる公民権運動はまだ萌芽の頃合いで、深く根強く残る差別という現実は依然として同胞社会全体を覆っていたはず。なお、1967年と1984年に新版が出ているが、黒人少年の顔をトリミングしたこの可愛らしい装幀は1955年Simon and Schuster社刊行の初版のみ。
ソフトカバー版。裏表紙に小さい剥がれ跡。年代なりの黄ばみ。

We’ve had so many books about how bad life is. Maybe it’s time to have one showing how good it is. (Langston Hughes)


Simon and Schuster, 1955

初版 | 英語 | 18x12cm | 98pp. | モノクロ

        
  •   Share on Tumblr