見続ける涯に火が… 批評集成1965-1977 | 中平卓馬
a2772

見続ける涯に火が… 批評集成1965-1977 | 中平卓馬

Takuma Nakahira Works of Critical Essay 1965-1977

左翼系雑誌「現代の眼」編集長を経て、東松照明や森山大道に影響を受けるかたちで60年代半ばより写真活動を開始して以降、写真や映画に関する鋭敏な言説を新聞雑誌などの各媒体に発表していた中平卓馬の執筆総集成となるもの。他に巻頭巻末に2点づつ計4点のカラー写真を掲載。八角聡仁と石塚雅人による編集。服部一成によるブックデザイン。浅田彰の帯文。ハードカバー。帯付き。状態良好。


Osiris, 2007

初版 | 写真図版数4点 | 512pp. | カラー

   
  •   Share on Tumblr