名取洋之助: 日本の写真家18
a0278

名取洋之助: 日本の写真家18

Yonosuke Natori: Japanese Photographers #18

ドイツで写真家としてのキャリアをスタートし、帰国後は、伊奈信男、木村伊兵衛、原弘、岡田桑三といった面々と、日本工房をたちあげ、日本のグラフ・ジャーナリズムの先駆となった、名取洋之助。本書では戦前の代表作 「アメリカ1937」の他、「忘れられた島」「麦積山石窟」まで。写真術の渡来期から90年代までの日本の写真家たちの営みをたどる全40巻の日本の写真家シリーズ(長野重一、飯沢耕太郎、木下直之らによる編集)からの1冊。ハードカバー。帯付き。状態良好。


岩波書店, 1998

初版第1刷 | 23x23cm | 写真図版52点 | 71pp. | モノクロ

      
  •   Share on Tumblr