Bravo 20: The Bombing of the American West | Richard Misrach
a3042 a3042

Bravo 20: The Bombing of the American West | Richard Misrach

ブラーヴォ 20 | リチャード・ミズラック

ネバダ州北西部で「Bravo20」と呼ばれ、1952年以来アメリカ海軍航空隊の爆弾投下訓練場とされている土地を、Richard Misrachがカラーで撮影。古くはアメリカ先住民北パイユート族の居住区で、”Source of Creation”と呼ばれていた聖地が、月面クレーターのように穴だらけで、車両や爆弾の残骸があちこちに転がる、まるで黙示録のような土地と化した様子を、美しくも精緻に捉えている。1991年PEN Center West Award受賞作。ソフトカバー。うっすら黄ばみ。


Johns Hopkins University Press, 1990

英語 | 23x30cm | 133pp. | カラー

  
  •   Share on Tumblr