Wim Wenders: Journey to Onomichi
a3195

Wim Wenders: Journey to Onomichi

尾道への旅 | ヴィム・ヴェンダース

1954年制作の小津安二郎「東京物語」で、笠智衆ら演じる主人公の老夫婦の住んでいた町が尾道だったことを後日知ったWim Wendersが、妻Donataと共に、物語で老夫婦が尾道から東京へと辿った道とは逆に東京から尾道を目指す。そしてWendersはそのまま尾道で1週間滞在。大のお気に入りの映画が制作された舞台を写真に収めてゆく。Wim Wendersと、Heiner Bastianによるテキスト。2010年ベルリンで開催された展示に際して刊行。ハードカバー。状態良好。


Schirmer Mosel, 2009

英独併記 | 25x20cm | 写真図版数24点 | 64pp. | カラー

   
  •   Share on Tumblr