食 篠山紀信
a3289 a3289

食 篠山紀信

SHOKU (Food) | Kishin Shinoyama

1975年の「家」、そして「日本の一族」と並び篠山紀信による映像日本論と称されている作品のひとつ。「食」という人間の根源的欲望、「食」が本来持つ残酷と快楽、醜さと美しさを直截的に視覚化した大作となる。造本構成は井上嗣也。外装メタリック金地と作品内容との親和性が高く、シンプルだが唸らせるデザイン。本体スリップケース/収納ケース付属。収納ケースに保護パラフィン紙貼付。


潮出版社, 1993

33x25cm | 358pp. | カラー

   
  •   Share on Tumblr