インディペンデント・フォトグラファーズ・イン・ジャパン 1976-83 | 金子隆一 島尾伸三 永井宏
a3294

インディペンデント・フォトグラファーズ・イン・ジャパン 1976-83 | 金子隆一 島尾伸三 永井宏

Independent Photographers In Japan 1976-83 | Ryuichi Kaneko, Shinzo Shimao, Hiroshi Nagai

政治の季節が終わり、オイルショックと共に高度経済成長が収束した日本。新しい時代の到来と共に、発表形態としての独自のメディアを切り開く日本の70年代写真家たちの動向を、当時から10年ほどしか時を経ていない早い段階で、金子隆一、島尾伸三、永井宏の3人が編み上げた資料価値の高い1冊。ハードカバー。帯付き。表紙カバーややヨレ。背表紙少々ヤケ。

  • シリアスな写真ギャラリー
    ガレリア・フォト・グラフィカ 1974-76
  • 百花繚乱
    女性10人による百花繚乱 1976
  • ワークショップの嵐
    ワークショップ写真学校 1975-76
  • フリー・スペースからの出発
    Q-BLIK 1974-76
  • グラフ誌の冒険
    グラフィケーション 1969-

  • ミニマムな写真空間
    コネクト・イン 1974-79
  • シリアス・フォトの発芽
    ナンバー 1970-74
  • 抜け道を失った写真論
    地平 1972-77
  • ニュー・モダニズムの旗手
    off 1973-
  • 写真作家への幻想
    ALBUM 1971-85
  • 理解されなかった写真展
    写真効果 1974-76
  • グローバルな感性を志向したフォト・マガジン
    GRAIN 1977-80(84)
  • ペダントリーな風景への接近
    プリズム 1976-77
  • ミニ・メディアの拡散
    写真誌
  • COPE
  • ワークショップの子どもたち
    Photographers News 1975-76
  • 広く開かれていた”場”
    PUT 1976-79
  • メディア論の具象化
    視覚の現在 1978-79
  • 表現としての写真展
    ぬじゅん 1979-81
  • 表現の肥大化, フォトセッション
    JuJu 1980-84
  • ワークショップの広がり
    GIG etc. 1975-79
  • メディアの逆流を目ざして
    VIEW 1977-81
  • 未来への模索
    写真国 1976-77
  • 刺激しあう個性の集合
    å-man 1976-?
  • 疾走を続けたフォトグラファーズ・イメージ
    CAMP 1976-84
  • 光に戻されたイメージ
    マジックランタン 1979-80
  • 写真の新たな可能性への旅
    THE EXHIBITION OF ASSEMBLAGE PHOTOGRAPHY 1978-
  • 「プリズム」以後の第2土曜日の集まり
    FOTO-MANIA 1986-
  • 新たなる”場”の設定
    カメラワークス 1978-84
  • 現代美術とのジレンマ
    共同展 1979
  • ”場”からのアクチュアルな展開
    CAMERA WORKS EXHIBITION 1981
  • 嫌われた新参者、コンセプト・フォト
    OWL 1979-81
  • 新たなる写真の同時代性を求めて
    15 Contemporary Photographic Expressions 1982-
  • 再びメディアへの幻想
    オン・ザ・シーン 1980-85
  • 埋まらぬシチュエーションとのギャップ
    ふぉとぐらふ、DOT etc. 1980-
  • POST CARD MEDIA
  • その後のリトル・ギャラリー


東京書籍, 1989

初版1刷 | 22x16cm | 205pp.

     
  •   Share on Tumblr