John Vachon’s America: Photographs and Letters from the Depression to World War II
a3352

John Vachon’s America: Photographs and Letters from the Depression to World War II

John Vachon's America | ジョン・ヴェイション

アメリカの写真家John Vachonが、1936年から1943年、つまり世界恐慌期から第2次大戦期にかけて撮影した写真及び彼の遺した私信類をまとまた1冊。もともと写真とは縁のなかったJohn Vachonだが、就いた最初の仕事が、偶然あのRoy Stryker率いるFSA(アメリカ農業安定局)の事務員だったという。やがて自然と興味は「撮る」ほうに向き、あのBen Shahnに師事を得て写真家の道を進んでいったという。ハードカバー。状態良好。


University of California Press, 2003

英語 | 25x23cm | 344pp.

  
  •   Share on Tumblr