金村修写真集CONCRETE OCTOPUS刊行記念ワークショップ 2017年12月16日
a3550

金村修写真集CONCRETE OCTOPUS刊行記念ワークショップ 2017年12月16日

Osamu Kanemura Workshop in conjunction with the publication of CONCRETE OCTOPUS

¥ 8,000(税込)

【あと1名受け付けてます】ポルトガルのPierre von Kleist Éditionと、日本のOsirisから共同刊行された金村修最新写真集CONCRETE OCTOPUSの日本発売に合わせ、SO BOOKSにて1回限定の金村修ワークショップを急遽開催することになりました。御存知の通り、定期的にワークショップをおこなっている氏ですが、長期にわたるため時間や予算の都合で参加できないという方も多かったと思います。これを機に1回参加されてみてはいかがでしょう。

参加特典としてCONCRETE OCTOPUS(税込定価5074円)1冊が付きます。
他の金村修写真集の持込サイン依頼もOKです。

2017年12月16日(土) 17:00から2時間程度を予定。
費用 8000円 写真集CONCRETE OCTOPUS(税込定価5074円)込みのお値段です。
軽い飲み物もご用意します。
写真集は受講時にお渡しとなります。
定員 8名

基本的には定例のワークショップ同様に参加者が持参した写真/写真集について、金村修が講評する形式となりますが、今回のイベントでは作品をお持ちでない方もOKのゆるい参加要件となります。作品制作のうえでの気軽な質問も受け付けてくれるそうです。自作写真集/写真ポートフォリオの評価を聞いてみるのもよいし、もっと基礎的な事柄として、写真家になるには? 機材の選び方、撮影方法、暗室作業のコツ、参照しておくべき過去の名作写真についてなど、様々なアドバイスを受けられると思います。

お申込みは前金制となります。「カートに入れる」からお申し込みください。
クレジットカード・銀行振込のお支払が可能です。
もしくは電話/メールからも受け付けております。

【版元より引用】
CONCRETE OCTOPUS
金村修の2011年から2013年に至るモノクロ作品で構成された本書は、東京のOsirisとポルトガルのリスボンを拠点にする出版社、Pierre von Kleistによる、初めての共同出版プロジェクトとして実現した。東京在住の映画批評家、クリス・フジワラがテキストを執筆。金村修の写真のロジックを読み解き、新たな見方を提示している。
発行:2017年11月下旬
編集・発行:Osiris/Pierre von Kleist Édition
総頁数:88ページ
写真:モノクロ 40点
体裁:A4判変型(18.9 x 30.0 cm)、ハードカバー


     
  •   Share on Tumblr