夕張 | 風間健介
b0680

夕張 | 風間健介

夕張 | Kensuke Kazama

風間健介(かざま・けんすけ 1960-)が、長年住み暮らした北海道夕張市の炭鉱を中心とした風景を映し取ったもの。夕張の風景 / 風を映した街 / 発電所と機械 / 消えた街 といった内容に分かれる。炭鉱所の廃れながらも雄々しい姿と、今も暮らしを営む人々のぬくもりが対照的。風間健介による直筆サイン及び押印。21x26cmの手焼きオリジナルプリント3葉付属。日本語と英語のバイリンガル表記。ハードカバー。状態良好。


寿郎社, 2005

初版第1刷 | 日英併記 | 31x22cm | 199pp. | モノクロ

 
  •   Share on Tumblr