a day off: an English journal by Tony Ray-Jones
b0687 b0687 b0687 b0687

a day off: an English journal by Tony Ray-Jones

トニー・レイ=ジョーンズ

イギリスの写真家Tony Ray-Jonesの写真集。60年代のイギリスの人々のごくありふれた日常を記録した貴重な1冊。後世のイギリス人写真家Martin Parrへの影響も容易に見て取れるし、なによりこれだけ多くの人々のスナップを撮影しながら、どの被写体も撮影者への意識がほぼ無いのが非常に面白い。Tony Ray-Jones自身は、ニューヨークで写真を学び、アメリカンスタイルな写真、特にGarry Winograndの影響を受けていることが専門家から指摘されている。尚、Tony Ray-Jonesは30歳の若さで夭折しており、これは彼の死後3年後に刊行されたものとなる。ソフトカバー。年代なりの黄ばみ。総じて良好。


Thames and Hudson, 1974

初版 | 英語 | 27x24cm | 写真図版数120点 | 120pp. | モノクロ

 
  •   Share on Tumblr