Cell 松江泰治
a3641

Cell 松江泰治

Cell | Taiji Matsue

¥ 3,800(税込)

一つの写真の中で、人間が写った(写ってしまった)ほんの小さな部分を切り取って作品化。撮影の時点では視覚に入っていなかったほど小さなものを、二次的に探索して、意図ぜずして写ってしまったものを探し出す。「JP-22」以降続く松江泰治の都市シリーズが更にエクストリームな方向へ転じたものとなる。作品はいずれも正方形のフォーマット。巻末に美術批評家の清水穣との対談。ハードカバー。状態良好。


初版 | 和英併記 | 26x26cm | [108]pp. | カラー

      
  •   Share on Tumblr