アクション 行動がアートになるとき 1949-1979 日本語版カタログ
a3966

アクション 行動がアートになるとき 1949-1979 日本語版カタログ

Out of Actions: Between Performance and the Object, 1949-1979 (Catalog in Japanese revised edition)

1998年ロサンゼルスのMOCA The Geffen Contemporaryで、同美術館チーフキュレーターのPaul Schimmelによって企画された「Out of Actions: Between Performance and the Object, 1949-1979」展を、翌1999年に東京都現代美術館で催した際の図録カタログ。1950年代から70年代にかけて世界同時多発的に発生した実験的身体表現(パフォーマンスアート)としての「アクション=行為」の果たした役割とその意味の変遷について辿る試み。ソフトカバー。表紙エッジに軽微な折れ跡。それ以外は良好。

    簡易目次

  • 虚空への跳躍 パフォーマンスとそのオブジェ ポール・シンメル
  • 身体と場 日本の戦後美術におけるアクション 尾崎信一郎
  • 身振りとオブジェ アクションという解放 ヨーロッパにおけるパフォーマンスアート ヒューバート・クロッカー
  • 生の戦略 全体像と主眼点 ブエノスアイレス/ロンドン/リオデジャネイロ/サンティアゴ 1960-1980年 ガイ・ブレット
  • 無垢な悦び 世界各地のアート・アクション クリスティーン・スタイルズ
  • 動詞としての美術 進化する連続性 レスリー・キング=ハモンド/ロウリー・ストークス・シムズ
  • 行為がアートになるとき 東京展によせて 岡村恵子


東京都現代美術館, 1999

30x22cm | 387pp.

                                                           
  •   Share on Tumblr