Second View: The Rephotographic Survey Project | Mark Klett et al.
a4294

Second View: The Rephotographic Survey Project | Mark Klett et al.

Second View: The Rephotographic Survey Project | マーク・クレットほか

¥ 12,960(税込)

William Henry Jacksonや、Timothy O’Sullivan、John Hillers、A.J.Russell、そしてAlexander Gardnerらが19世紀末に記録した開拓期のアメリカ西部の風景写真から、地形の自然な変化や、開発による人工的な変化を比較調査すべく、全く同じポイントから撮影記録したフィールドワークプロジェクト”Rephotographic Sruvey Project(RSP)”。もともと地質学者だったMark Klett、写真史が専門のEllen Manchester、写真と博物館学が専門のJoAnn Verburgの3人によって主導され、NEA(National Endowment for the Arts)とポラロイド社の援助を受けつつ1977年から3年にわたり遂行されたもの。専門的な学術調査ではあるものの、現代アート的コンテキストを獲得していることは、Paul Bergerによる論考からも伺える。
ソフトカバー。表紙カバーに若干のヨレの他は良好。

Mark Klett, Chief Photographer
Ellen Manchester, Project Director
JoAnn Verburg, Project Coordinator
Gordon Bushaw and Rick Dingus, Project Photographers
with an essay by Paul Berger


University of New Mexico Press, 1984

英語 | 23x30cm | 211pp.

   
  •   Share on Tumblr