Roy Stryker: U.S.A., 1943-1950 by Steven W. Plattner
a4325 a4325

Roy Stryker: U.S.A., 1943-1950 by Steven W. Plattner

The Standard Oil (New Jersey) Photography Project

¥ 5,400(税込)

1920年代末に勃発した世界恐慌で不況にみまわれるアメリカ国内の農村の現状を記録もしくはその救済を国民に喚起すべくスタートしたFSA(Farm Security Administration)プロジェクトは写真史上に有名だが、それを主導したRoy Strykerが同時期におこなったプロジェクトであるThe Standard Oil (New Jersey) Photography Project ”通称SONJ”についてはあまり知られていない。本書はそのSONJについての、1983年ニューヨークのICPでおこなわれた展覧会に際し刊行。尚、関わった写真家は、Russell Leeと、Gordon Parks以外はFSAとは重複しない。Cornell Capaによる序文。ハードカバー。年代なりの黄ばみ。

Esther Bubley, John Vachon, Sol Libsohn, Harold Corsini, Todd Webb, Charlotte Brooks, Russell Lee, Martha McMillan Roberts, Charles Rotkin, Gordon Parks, Edwin and Louise Rosskam


University of Texas Press, 1983

初版 | 英語 | 29x22cm | 144pp. | モノクロ

   
  •   Share on Tumblr