ART VIVANT 24号 特集スティーグリッツ
b0805

ART VIVANT 24号 特集スティーグリッツ

1980年に創刊、1989年の36号で幕を閉じるまで、現代アートやそのルーツとなる20世紀初頭の美術動向をフィーチャーした美術雑誌「アールヴィヴァン」。毎号中身の濃い論考を掲載。今はなき西武美術館の会報誌でもあった。今号は、1冊すべてアルフレッド・スティーグリッツ特集。「スティーグリッツの時代」多木浩二、「フォト・セセッションと『カメラ・ワーク』」金子隆一、「スティーグリッツと291」河本信治といった論考など。ソフトカバー。状態良好。


西武美術館, 1987

18x26cm | 96pp.

    
  •   Share on Tumblr