センチメンタルな旅 1971-2017 荒木経惟
a4939 a4939

センチメンタルな旅 1971-2017 荒木経惟

Sentimental Journey 1971-2017 | Nobuyoshi Araki

2017年東京都写真美術館でおこなわれた荒木経惟展「センチメンタルな旅 1971-2017」に際し刊行。写真家・荒木経惟の膨大な作品群から、妻「陽子」というテーマに焦点をあて、陽子を被写体とする作品、その存在を色濃く感じさせる多様な作品によって構成。
結婚前の貴重な未発表ポジ作品や、1971年に私家版として発売された「センチメンタルな旅」全108点を収録。もっとも重要な被写体である陽子を通じて、荒木が重要視する被写体との関係性を探り、荒木経惟の写真の神髄である「私写真」について考察する。

掲載図版

  • プロローグ Prologue
  • センチメンタルな旅 Sentimental Journey
  • 東京は、秋 Tokyo, in Autumn
  • 陽子のメモワール Memoirs of Yoko
  • 食事 The Banquet
  • 冬の旅 Winter Journey
  • 近景 From Close-Range
  • 色景 Colorscapes
  • 空景 Skyscapes
  • 遺作 空2 2 The Sky, My Ender
  • 三千空 Sanzenku (Three Thousand Skies)
  • 写狂老人A日記 2017.1.1.-2017.1.27.-2017.3.2
  • 愛しのチロ Chiro, My Love

寄稿テキスト

  • 吉増剛造 Yoshimasu Gozo
  • ユルゲン・テラー Juergen Teller
  • 古屋誠一 Seiichi Furuya
  • 石内都 Miyako Ishiuchi
  • 森山大道 Daido Moriyama
  • 荒木経惟+荒木陽子 Nobuyoshi Araki + Yoko Araki
  • 伊藤俊治 Toshiharu Ito
  • フィリッポ・マッジア Filippo Maggia
  • 荒木陽子 Yoko Araki

論考

  • 囚われの荒木 笠原美智子
  • センチメンタルな旅 1971- 2017- 北澤ひろみ

ハードカバー。新刊。


HeHe, 2017

2刷 | 日本/英語 | 19x26cm | 287pp.

  •   Share on Tumblr