ART VIVANT 22号 特集ミノトール
b0808

ART VIVANT 22号 特集ミノトール

1980年に創刊、1989年の36号で幕を閉じるまで、現代アートやそのルーツとなる20世紀初頭の美術動向をフィーチャーした美術雑誌「アールヴィヴァン」。毎号中身の濃い論考を掲載。今はなき西武美術館の会報誌でもあった。今号は1冊すべて、1930年代パリで発行された芸術雑誌「ミノトール」の特集。「『ミノトール』展望-序にかえて」巖谷國士、「流行のオートマティスム」トリスタン・ツァラ、といった論考など。ソフトカバー。状態良好。


西武美術館, 1986

18x26cm | 112pp.

    
  •   Share on Tumblr