マグナム・シネマ マグナム写真家たちによる映画史
a4446 a4446

マグナム・シネマ マグナム写真家たちによる映画史

Magnum Cinema

¥ 5,400(税込)

1994年Cahier du Cinema社刊行の仏語オリジナルを原本とした日本語訳版。Alain Bergalaによる「マグナム、映画との出会い」ではマグナム写真家らと映画との密接な関わりを詳述。第二次大戦後のRobert Capaがぽっかりと空いた穴を埋めるように映画に関わっていったこと、Henri Cartier-Bressonが一時期Jean Renoir作品の助監督を務めていたこと、マグナム・フォトがマリリン・モンローとクラーク・ゲーブルの遺作となった「荒野と女」の一切の独占権を得て撮影していたことなど、数々のエピソードが語られている。ハードカバー。状態良好。


キネマ旬報社, 1995

初版 | 日本語 | 29x24cm | 367pp.

 
  •   Share on Tumblr