Pontiac | Gerry Johansson
a4564 a4564 a4564 a4564

Pontiac | Gerry Johansson

Pontiac | ゲリー・ヨハンソン

スウェーデンの写真家Gerry Johanssonが、アメリカ・ミシガン州の小さな町Pontiacを訪れ撮影した一連のショットからなる写真集。Pontiacという名称は、他に、80年代アメリカ自動車産業の衰退と共に消滅した自動車ブランドのひとつでとしても知られる。Johanssonが写したアメリカ中西部の郊外風景は、そうした歴史的背景と相まって、わずかな人の気配を通り越して、ドライな空気感と共にとても空疎。クロス装ハードカバー。状態良好。

【以下輸入元HPより引用】
本書は18年間に及ぶプロジェクトの最終章であり、1993/1994/1996年と3度アメリカを訪れ、幾つもの小さな町を巡って撮影を続けた。本作は1998年に一度『AMERIKA』というタイトルで出版されている。続いて祖国で撮った写真のコレクション『SVERIGE』を2005年に発表。この作品への批判に応じてヨハンソンはテーマを狭め、スウェーデンのある街のポートレイトとして制作した『KVIDINGE』を2007年に出版。2009年には『ULAN BATOR』、そしてプロジェクトの締めくくりとして2010年にアメリカを再訪しミシガン州ポンティアックへ向かった。本作『PONTIAC』はこのシリーズがベースとなっており、2011年に刊行された『DEUTSCHLAND』(MACK刊)をシリーズ最終巻としてアメリカからスウェーデン、ドイツ、モンゴルまで至った旅を終えた。


Mack, 2011

限定1000部 | 英語 | 25x17cm | 160pp. | モノクロ

 
  •   Share on Tumblr