Feast For The Eyes: The Story of Food in Photography
a4622

Feast For The Eyes: The Story of Food in Photography

edited by Susan Bright

¥ 5,000 + 税

アート、ファッション、フォトジャーナリズム、広告、はてはSNSなどから食べ物をテーマとした写真を、イギリスの写真キュレーターSusan Brightが多岐にわたり抽出し、各年代ごとに編集した写真集。William Henry Fox Talbotの1845年撮影の写真から始まり、2011年のDaniel Gordonのカラー作品まで。クリミア戦争の戦場記録写真などで有名なRoger Fentonが遺したというフルーツや花の静物写真は意外。表紙はIrving Pennによる「Salad Ingredients (New York, 1947)」。

Roger Fenton, Nickolas Muray, Edward Weston, Irving Penn, Stephen Shore, Laura Letinsky, Wolfgang Tillmans, 荒木経惟, Martin Parr, Sophie Calle etc.


Aperture, 2017

初版 | 英語 | 30x25cm | 319pp.

         
  •   Share on Tumblr