Camera Notes 茂庭研一
a4679 a4679 a4679 a4679

Camera Notes 茂庭研一

Camera Notes | Kenichi Moniwa

1951年北海道生まれ、1981年東京綜合写真専門学校卒の茂庭研一が、1982年白血病で没して後、森裕貴をはじめ彼を知る有志らの手によりまとめられた写真集。主に、在学中の1980年から亡くなる直前までに撮影された家族そして近しい人々の親密な表情と、自宅近隣と思われるありふれた日常の風景で構成されている。既に死期を悟っていたに違いない茂庭が写したこれらの光景は、最後のほうに向かうに従い、彼の向けた視線の行く先の意味を慮り、優しくも哀しい気持ちになる。巻末には鈴木清らによる寄稿テキスト。クロス装ハードカバー。スリップケース欠。年代なりの黄ばみ。


フォト・パピエ, 1983

日本/英語 | 25x26cm | 写真図版77点 | モノクロ

  
  •   Share on Tumblr