The Origins of Japanese Contemporary Photography - Film grain as words
a4893 a4893

The Origins of Japanese Contemporary Photography - Film grain as words

(日本現代写真の源流 言語としてのフィルム粒子)

¥ 6,500 + 税

韓国のthe Goeun Foundation(コウン文化財団)が運営する釜山の写真美術館GoEun Museum of Photographyで、2018年に開催された日本の60年代から70年代の写真を紹介する展覧会「The Origins of Japanese Contemporary Photography – Film grain as words」に際して刊行。紹介されている作品群は以下の通り。キュレーションをおこなった日本の菅沼比呂志と、柳本尚規による論考エッセイ。ブックデザインは伊野耕一。ハードカバー。状態良好。

  • 太陽の鉛筆 The Pencil of the Sun 東松照明
  • 俗神 Zokushin 土田ヒロミ
  • 三里塚 Sanrizuka 北井一夫
  • アパートメント Apartment 石内都
  • センチメンタルな旅・冬の旅 Sentimental Journey / Winter Journey 荒木経惟


GoEun Foundation, 2018

韓国/英語 | 27x20cm | 写真図版111点 | 225pp. | モノクロ

    
  •   Share on Tumblr