gris gris vo.2 沖潤子
a4959 a4959

gris gris vo.2 沖潤子

gris gris vo.2 | Junko Oki

2002年より、針と糸を使用した刺繍による、独自の作品制作をおこなっている刺繍アーティスト沖潤子が、2016年東京南青山のDEE’S HALLでおこなった個展の際に制作したもの。古い布ボロをパッチワークのように繋ぎ合わせ、⻑い時間をかけて針を刺し、最後は⽯鹸で洗い、⼲すという一連の作業を経て完成する「gris gris」の写真を所収する。「gris gris」とは、アメリカ先住民の世界で魔除け、お守りといった意味を持つ。状態良好。巻末に沖潤子の直筆サイン入り。


Junko Oki (Woky Shoten Inc.), 2016

18x15cm

  •   Share on Tumblr