季刊プリンツ21 2004年夏号 蜷川実花 As
a4973

季刊プリンツ21 2004年夏号 蜷川実花 As

Quarterly magazine Prints 21 Summer 2004: Mika Ninagawa AS

¥ 1,000 + 税

蜷川実花特集。倉石信乃は本書エッセイ「生の装飾 蜷川実花の近作について」のなかで、90年代初期の”ガーリーフォト”ブームをこっぴどくこき下ろす一方で、蜷川実花の近作については、その写真強度と色鮮やかな色彩と形態の裏側にあるものに着目している。ソフトカバー。アートカード付属。状態良好。
【メール便発送】


プリンツ21, 2006

28x21cm | 120pp.

 
  •   Share on Tumblr