Why Dresden Photographs 1984/85 2015 | Seiichi Furuya
a5637 a5637 a5637 a5637

Why Dresden Photographs 1984/85 2015 | Seiichi Furuya

Why Dresden | 古屋誠一

¥ 4,500 + 税

妻Christineを撮った代表作Memoiresシリーズで知られ、70年代からオーストリアのグラーツを拠点に活動する日本人写真家、古屋誠一のドイツSpector Booksからの写真集。1984/85年にかけての東独(当時)のドレスデンが舞台。Camera Austria誌の創立メンバーのひとりである、Manfred Willmannによる寄稿。英語版ソフトカバー。新刊。


Spector Books, 2016

初版 | 英語 | 24x18cm

 
  •   Share on Tumblr