Ur-Geräusch / Primal Sound | Carsten Nicolai
a5639 a5639

Ur-Geräusch / Primal Sound | Carsten Nicolai

Reprint of Rainer Maria Rilkes Essay "Ur-Geräusch"

¥ 3,000 + 税

「Ur-Geräusch / Primal Sound」、つまり”原初の音”と題されたタイトルは、1919年に出版されたRainer Maria Rilkesが著したエッセイのタイトルから引用されたもの。2015年にブラウンシュヴァイク美術館(Kunstverein Braunschweig)でおこなわれたCarsten Nicolai展で、Nicolaiは、Rilkeのエッセイを朗読させ、その波形曲線を可視化し、実際のテキストと対比させる試みをした。本書はそのインスタレーション写真を掲載する内容。セミハードカバー。新刊。


Spector Books, 2017

独/英語 | 23x19cm | 48pp.

   
  •   Share on Tumblr