後藤敬一郎写真集 写真1-2
a5839 a5839 a5839 a5839

後藤敬一郎写真集 写真1-2

Keiichiro Goto Photography 1-2

¥ 40,000 + 税

後藤敬一郎(1918-2004)は戦前から戦後にかけて名古屋で活躍した写真家。名古屋における前衛写真運動の中心だった山本悍右や、高田皆義、服部義文らと前衛写真家集団VIVIを結成、戦後も瀧口修造、阿部展也、本庄光郎、北代省三らを中心として1956年に結成された日本主観主義写真連盟に加わるなど、日本写真史においても知られざる足跡を残している人物。
盟友であった山本悍右による造本で限定510部制作された本書は、抽象写真55点と透明原色版フィルム1葉で構成された写真1抽象1輯と、女性ヌードを組み合わせたコラージュなど55点とやはり透明原色版フィルム1葉で構成された写真2女性輯の2冊組。
版元は明治12年創業の”青柳ういろう”(青柳総本家)の企業出版部。後藤敬一郎はこの青柳グループの4代目社長でもあった。
2冊組ハードカバー。限定510部ナンバー入り(函と本体)。岡本太郎、金丸重嶺らによる寄稿テキストを収めた別刷/輸送函/スリップケース元パラフィン/本体ビニールカバーがそれぞれ付属の完品。輸送函に傷少々。
2冊共に後藤敬一郎による直筆サイン入り。


青柳商事KK出版部, 1973

限定510部 | 50x38cm | 写真図版55+55点 | カラー

   
  •   Share on Tumblr